洗う

 

老け顔に怖いのは老化…
老化は洗顔で左右されるほど重要な工程です。

 

洗わな過ぎてもダメ。
洗いすぎてもダメ。

 

正しい洗顔を覚えて若々しく過ごしましょう。

 

 

軽くお湯で流す

 

体温よりちょっと高い37〜38度のぬるいお湯で軽く洗います。
軽く汚れやホコリなどを取り除き、毛穴を開かせます。

 

 

洗顔料を泡立てる

 

10円玉ぐらいの洗顔料をてのひらに取り、お湯を少しずつ足しながら
逆の三本の指でしっかり泡立てる。

 

今は洗顔料もポンプ式で泡立てて出てくるものもあります。
ではないのもは100円ショップなどで泡立てネットも売っているので
利用するのもオススメです。

 

 

Tゾーンを洗う

 

おでこから鼻にかけての部分をTゾーンと言います。
皮脂の分泌が活発なので注意したい部分。
ですがゴシゴシ洗ってはいけません。

 

洗顔料をTゾーンに置くようになじませます。
そのあとは指の腹で汚れを浮かせるように丁寧になでていきます。

 

 

Uゾーンを洗う

 

Uゾーンは頬から顎にかけての部分。
皮脂も少なく乾燥もしやすいのでやさしく洗いましょう。

 

目の下などは短めに。
汚れを取り除くような感じで十分。
ちょっぴり泡パックように乗せるのも効果的です。

 

 

すすぐ

 

すすぎはしっかりと。
洗顔より時間をかけたほうがいいとも言われています。
ポイントは水温。

 

人肌と同じぐらい(36度前後)がちょうどいいです。
だからといってこれもゴシゴシしないように。
やさしくやさしく♪